弁護士事務所で任意整理の相談開始

自己破産体験談
も一つぽちっとお願いします❤
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村 にほんブログ村に登録しています。クリックして応援お願いします❤

11月の中ごろ 弁護士事務所にいって相談を開始しました。

スポンサーリンク

まずは電話相談

車で15分位の距離の事務所を探して電話を入れました。

  • 投資(ギャンブル)での借金ができてしまった
  • 利息分を止めれる任意整理ができないか相談したい
  • 主婦で自分での支払能力がない
  • 2社から借り入れをしていて合計で320万ほどある
  • 個人間借入が別途550万ある

詳しくは直接事務所に来てくださいということで日時を決定して翌々日に事務所へ向かいました。

1回目弁護士さんと無料相談

今回私のように借金苦などの弁護士相談は たいていの場合は初回の相談料は無料です。

弁護士に相談したいけどお金がない…30分で5,000円なんて払えない…なんていう方はこれをしっていたら少しは最初の道がひらけるんではないでしょうか?

先日話していたような内容を再度お話しし、任意整理がしたいとお願いしました。

任意整理とは

債権者(カード会社など)と債務者(借りている側)が話し合いをして借金の減額や分割払いなど裁判所を通さずに交渉成立させて和解できるかどうか。というものです。

任意整理の特徴は下記

  • 将来利息、未払い利息、遅延利息などを免除でき、債務額が確定した場合でも一定の支払額を計画的に支払わなくてはなりません。
  • 借金の総額(利息などが減ります)は減りますが、元金(借りていたお金)は減ることはありません。
  • 今まで返済を怠っていた
  • 安定した収入がない
  • 費用は3万~5万 ※今回は1社につき3万といわれました。
  • 3年から5年で返済めどが立つ場合のみ可能
ことな
ことな

330万だと5年返済期間だと毎月55,000円の返済が必要となります。

ことなさんの場合は主婦の為家計から返済額を捻出する必要があります。

毎月55,000円近くのお金を出すことはできますか?

といわれて ざっくりとした家計収支表をだすようにいわれました。

第一回目の相談は 借入総額の報告と任意整理の説明と家計収支表をだす。そこで時間切れーといった形でした。

これに記入してきてください。 といわれました。

法テラスを使用しての無料相談開始  

法テラスとは

法テラスとは 自分で判断することが難しい問題、法律が係ることを無料で教えてくれる法律相談総合窓口です。無料相談窓口、弁護士の相談、弁護費用の立て替えなどの困ったときの一番身近な相談窓口です。

ことな
ことな

実際に法律事務所に相談に来る前にも 無料の法テラス相談窓口は何回か利用して電話相談させてもらっていました。

その際任意整理は家族にはばれない。などというアドバイスをもらっていました。

※家族カードがあったため、私は断念しました。

2回目からの法律相談は 法テラスを使用されると無料※のちに支払はひつよとなります。 立替です

ですが、法テラスを使用されますか?

私も法テラスは相談窓口という認識だったので 弁護士費用の立て替えというものも法テラスで利用できることは初めて知りました。

とりあえず法テラスの申込書に署名して2回目の相談をお願いしました。

家計収支表の結果 任意整理も厳しい

一週間後

先日依頼されたとおり、ざっくりではありましたが家計収支表を提出しました。

大体の繰り越し金額が 4万円ほどに設定して提出しました。

…設定というとウソのようですけど(・・;) 家計簿なんてつけてなかったから、わからなくって、固定支出(保険やローンなど)を確定させて大体これくらいかなぁって感じで書きました。そんなに前後はしないかなぁという金額設定でした。

この金額だと、もし誰かが病院へいったり、お祝いなどの交際費、少し高くなった電気代食費 などが発生した場合、毎月約束通りの返済金額をどこからだしてくる? ということになるね。

だいたい55,000円で交渉したいからこれだと債権者は納得しないから任意整理は難しいんだよね。。。。。

もう少し削れるところはないかご主人と相談してきてもらえますか?

  • 家計収支表の見直し
  • 次回相談時下記の必要書類を持ってくるように言われて終了でした
  1. 身分証明書 (免許書にしました)
  2. 印鑑
  3. クレジットカードの提出
  4. 債権者一覧表記入したもの 
  5. 貯金通帳 
  6. 非課税証明書 ※無職為源泉徴収票がない場合
  7. 生命保険証書
債権者一覧表

・どこにいくら借りているか?

⇒借入先の名前、住所、電話番号 ※個人借入の場合も必要

・最初に借り入れた日時

・借入残高

・毎月の返済額

を記入する欄がありました。

ここまでのまとめ

電話相談で相談先の弁護士事務所を決定し、私のように借金苦の場合1回目の相談は無料。

2回目の相談についてもお金が厳しい場合は法テラスに依頼し、費用の立て替えが可能。

毎月の返済めどを示す家計収支表が必要であり、3~5年で返済できるかを検討。

コメント