Googleアドセンスの自動広告が表示されていない‼場合の対処法 原因はWAF設定だった

ブログ作成
も一つぽちっとお願いします❤
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村 にほんブログ村に登録しています。クリックして応援お願いします❤

Googleアドセンスに3月20日に合格して翌日から広告の設置を行いました。

月末まで10日ほどでに700円ほどの収益がありました

初心者の割にまずまずこれだけあったら充分やん(* ॑ ꒳ ॑ *)ゞ

皆さんありがとうございます‪⸜(*ˊᵕˋ*)⸝‬💕✨

てな感じで4月を迎えたわけです…

スポンサーリンク

Googleアドセンス広告が消えてる!!!

ある日を境に¥0が連発するようになったわけです

 

ことな
ことな

今日も¥0かぁ…

なんや今日も¥0かぁ…

な日が連発…

もっとはよ気付けよ!!ですが気づくのに10日もかかりました(・・;)

 

ことな
ことな

ん?・・ん?? あれ? 広告きえとるがなぁーー!

ここから原因究明と解決した方法をまとめます。

私は無料テーマCOCOONとConoHaWINGレンタルサーバーを使用しています。

考えられる原因

ポリシー違反とされて広告がストップされてる!?

アドセンスからは特に何も通知が来ていない状態でしたが念のために

アドセンス管理画面からアカウントポリシーセンターで確認したところ特に違反は確認されませんでした。

Javascriptが有効になっていない!?

広告はJavascriptが使用されているため有効になっていないと表示されないので確認してみました。

問題なく有効になっていました…。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] の順にクリックします。
  3. 一番下の [詳細設定] をクリックします。
  4. [プライバシーとセキュリティ] で [コンテンツの設定] をクリックします。
  5. [Javascript] をクリックします。
  6. [許可(推奨)] をオンにします

Cocoon設定でアドセンス設定をやりなおす

 

広告(AdSense)を手っ取り早く設定する方法
Cocoonテーマ利用時における、最も簡単なAdSense広告設定方法の紹介です。

 

の方法でユニット広告の広告コードをCocoon設定で張り付ける

 

ことな
ことな

説明は割愛しまぁす。くわしくは(☝՞ਊ ՞)☝を見てくださいね

WordPress管理画面から「Cocoon設定」を選択してください。

Wordpress管理画面からCocoon設定を選択

「広告」タブを選択し、先程コピーしたAdSenseコードを「広告コード」に貼り付けてください。

Cocoon設定で広告コードの入力

あとは「保存」ボタンを押してください。

するとエラーがでました。

ことな
ことな

もうわけわからん(・・;)

それでもうまくいかない場合は、広告タグの中から、scriptタグを取り除いて入力してみてください。

とあるので、指示通りやってみると

エラーは出ずに設定できた!!!!! けどまだ非表示のまま(・・;)

ほんまわけわからん……・・・

解決!たどり着いた原因サーバーのWAFのON/OFF

最終的に解決した方法はConoHaWINGでのWAFの設定でした。

ことな
ことな

どーゆーこっちゃ???

WAFとは?

WAFとはWeb Application Firewallのことであり、Webアプリケーションのぜい弱性を悪用した攻撃からWebサイトを防御するための製品です。

外部の攻撃から守るファイヤーウォールの一種ともあります。

どうやら広告コードをはりつけたときのこのエラーは

サーバーのセキュリティで閲覧禁止になった感じとのこと。

アドセンスの広告コードはスクリプトが記述されているんだけど、このWAFはスクリプトを実行させないよー!というセキュリティがかかっているから保存にエラーがでるんだよ

って教えてもらったので

ConoHaWINGのWAFをオフにしました。

 

WAFのOFFから再度

アドセンスに戻り広告コードをコピーしてCocoon設定から張り付け!

scriptタグを取り除かずそのままコピペしました。
ことな
ことな

よかったぁぁぁぁ!!! 広告もどったぁぁぁぁ!

ほ… ほんまよかったわ…。

ところで…ふとした疑問

WAFはOFFのままでいいわけ??

ことな
ことな

WAFをOFFにしたらセキュリティーは??

WAFの機能で守ってくれてるものをOFFにしたらセキュリティー弱くなりますよね?

え…怖いやん。素人やし。守って…

なんとConoHaWINGでは除外したいものだけをえらんで他の全体はWAFをONにすることも可能なのであった!!!
 
 
 
ということで、今回除外したいものだけを選んで他のWAFはONに変更しました

ConoHaWING 自分のIPだけを除外する WAFの設定

ConoHaWINGの先ほどのWAF設定の画面から

WAF利用設定をONに戻します

②ログを選択

除外したいものをクリック

 
これで自分のIPだけを攻撃から除外しました。
除外されているかを 除外中のタグから確認しておきましょう。
 
ことな
ことな

ConoHaWINGすげー!!!

まとめ

今回アドセンス広告がいきなり非表示になり、最終的な解決方法は

  1. WAFはONのまま自分のIPだけを攻撃から守る設定をして
  2. アドセンスユニット広告コードをコピーして
  3. Cocoon設定で張り付ける

というものでした。

ConoHaWINGとCocoonという優秀なものをつかっていてとてもよかったと思います。

なぜ今まで表示されていたのに今回いきなり非表示になったのか…よくわかりませんが、勉強になりました!

色々難しい…

コメント