任意整理から自己破産へ変更 少額管材事件とは

自己破産体験談
も一つぽちっとお願いします❤
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村 にほんブログ村に登録しています。クリックして応援お願いします❤

生命保険貸付金で借金の総額を減らそうという作戦に出た私は弁護士さんに報告します

生命保険からの契約者貸付金制度 注意すべき点 メリットデメリット
任意整理に向けて前回の打ち合わせで 家計収支表より支出を抑えるように言われたものの…前回のお話はこちら(☝՞ਊ ՞)☝もうこれが限界…・・・ 毎月55,000なんて実際払えない…それじゃ借金苦の状況とおなじやんけ...

前回のお話はこちら(☝՞ਊ ՞)☝

ことな
ことな

カードローンの総額を生命保険貸付金で60万借りて260万にしたいと思います

なるほど…じゃあだいたい月4万か頑張って交渉して35000円でいけるかもしれないですねぇ…

それでもやっぱりちょっとギリギリやから生活費減らさないとダメなんですけどね…

ことな
ことな

個人年金保険を1個支払いストップするので16000円浮きますしちょっとましかなぁ…

…じゃあ… 60万円ご用意できるということであれば自己破産しますか?

ん‼‼?さらっと今自己破産てゆーた!?!?!

ことな
ことな

じっ自己破産ですか?投資とかギャンブルとかそっち系の借金って自己破産できないんじゃないんですか?

100%ではないけど少額管材っていうのがあってね管財人をつけて自己破産出来るかもしれないんですね。

少額管材? 管財人?状態でした

それでは少額管材について説明していきたいと思います

スポンサーリンク

自己破産とは

自己破産とは裁判所に申し立ててすべての借金を帳消しにしてもらう手続きです。裁判所に破綻者自ら申し立てるという意味で自己破産 と呼びます。

・財産を現金へ変えて債権者へ配当する

・配当した残りの借金を免除する という流れになります。

自己破産には ・同時廃止 ・管財事件 の大きく2種類に分かれます。

同時廃止とは

簡単にいえば破綻者に何も財産が残っていない場合は債権者に配当する という工程が取れませんので、自己破産手続きの開始と同時に終了の手続きも必要となるため、同時に始まり終わるという意味で同時廃止と呼びます。

同時廃止の費用は

同時廃止は 財産を配当する工程がないため管財人を選任する必要がなくなります。

管財人とは 自己破産において財産を現金に換えて配当する仕事をする、裁判所から選任された弁護士の資格を持つ人のことです。破綻者が依頼している弁護士は代理人弁護士であり、管財人とは別のとなります。管財人へ別途20万ほどの費用が必要になります。

管財人への費用がなくなるため約1万円程度で済みます。

代理弁護人をたてる場合は20万から40万程度の為 すべての費用で21万~41万程度ということになります。

同時廃止の期間

破たん手続き決定開始と破たん手続き終了を同時に行うので最短 3~4か月

同時廃止のポイント
  • 20万円以上の財産がない場合。
  • 20万以下の車や預金などは残せる
  • 破綻開始後に取得した財産も残せる
  • 上記条件で同時廃止を行っていても財産が隠されている場合や怪しい場合は管財事件に変更になります。
  • ギャンブルや投資目的、浪費の場合は免責不許可の可能性があり、しかしかなりの悪質でない限り裁判官の裁量で免責となります。その場合は管財事件となります。
ことな
ことな

ここここ!!! ギャンブルや投資目的ってところに私ひっかりますよね??

資産や自分名義の財産は20万円分もないし…同時廃止の方で出来そうだけど

管財事件になるってことだね。

…っていうか ギャンブルや投資目的で本当に免責許可おりるんかな…(・・;)

管財事件とは

配当できる財産が20万円以上ある場合は管財事件になります。

管財人が※財産配当を行います。5000万円以上の借金がある場合、法人が管財事件として扱われます。 5000万円未満の借金(個人はほとんど)の場合は 少額管財事件として扱われます。

今回私の場合も 少額管財としての扱いとなりますので 大きな管財事件はスルーして少額管財でまとめたいと思います。

少額管財事件とは

  • 20万円以上の配当財産がある場合
  • 5000万円未満の借金の場合
  • パチンコやギャンブルや投資目的、浪費でできた借金で裁判官による裁量免責を許可できるかどうか?の調査が必要な場合
  • 99万円以下の現金と20万円以下の資産は自由資産として残せる
  • 3か月で終結する見込みがある

上記条件で管財人を付ける必要があります

少額管財の費用は

管財人を選任する必要があり、管財人に代理弁護人への費用のほかに約20万必要になります。

代理弁護人30~40万 管財人20万 合計約60万前後といった感じなります。

ことな
ことな

ん?? 60万どこかで見た数字…。 生命保険貸付金の金額か…

なるほど…このお金が用意できるんだったら少額管財で自己破産したらどうかってことなんですね…・・・ なるほど

少額管財の期間は

同時廃止に比べて手続きが複雑になるため最短6か月から1年以上かかる場合もあります。

ということは私の場合でいくと…?

ことな
ことな
 

ということは、私の場合少額管財事件となって、免責が下りるかどうかの調査が必要ってことですよね… パチンコやギャンブル投資での自己破産は基本的にできないとありますけど、絶対に裁量免責ってもらえるんですか?

絶対とは言い切れないけど、そいうった理由でも管財人がついてきちんと集会に出席して、まじめにこれから改善していく姿勢がみられれば90%以上の確率で免責がおりるとおもうよ。

ことな
ことな

★保険から借り入れしたお金で自己破産手続きを開始してうまくいけば320万の借金は払わなくてもよくなる。

or

★免責が下りなければ320万の借金は残る+生命保険貸付60万も払わないといけない=380万に借金が増える!!!

ってことですよね???

そういうことになるね

ことな
ことな

それって、免責が下りなかった場合 弁護士費用40万や管財人費用20万は戻ってきますか?

残念ながら戻りません

えっ!!??!?!  ギャンブルやん そんなん。掛けやん(・・;)60万掛けた大勝負ですやん(・・;)

しかも弁護士さんから出された条件は

  1. 他の個人間の借り入れも破産宣言を出して返済できないとしないといけない
  2. 個人間だけの返済をこっそり行っていることがばれたら免責が下りても取り消しされる
  3. 隠し財産はないよね??

3は大丈夫だけど 1.2に関しては 救世主の友達や叔母に借りているお金も返さんぞ!!!っていう必要がある…ということ…(・・;)

ことな
ことな

えーーーーーーーーーーーーーー!そんなんいわれへん…

でも…それが自己破産…

全ての借り入れをなくすということは 一部だけの返済はさせてもらえない、してはいけない!ということになるんですね…。。。

これはこまった…

次回の課題

1:少額管財で自己破産手続きをするか

 ⇒免責が下りない場合は費用で60万がとんでいき、借金が320万残る

 ⇒友達、祖母にお金は返しません宣言をしないといけない

2:自己破産はあきらめて任意整理で2社6万円で 将来利息のストップをかける

 ⇒生命保険貸付60万を借金にあてて260万の返済を月々4万程度で返済

さてどうしようかな…・・・・・

コメント