パチンコギャンブル・投資で出来た借金の自己破産体験談まとめ 手続き編

自己破産体験談
も一つぽちっとお願いします❤
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村 にほんブログ村に登録しています。クリックして応援お願いします❤

 

こんにちわ。

バイナリーオプション、投資パチンコ、ギャンブルで出来た借金の自己破産体験談

手続き編になります。

前回は全編として免責不許可事由の管財事件についてなどをお話ししました。

 

今回は実際に弁護士さんに相談をしたところからになります。

 

 

スポンサーリンク

弁護士さんに依頼 ①受任通知発送

弁護士さんに自己破産を依頼することに決めたので

2018年11月に委任契約書にサインしました

まずはこの①の段階ですね。

 

 

 

自己破産を申し立てるにあたってまず

債権者に対して受任通知を発送してもらいます。

 

受任通知の効力は?
  • 弁護士さんが債権者のカード会社に債務整理(自己破産、任意整理、個人再生など)を受任し開始します。という旨を連絡します。
  • 全ての窓口を弁護人にするという連絡を行い、取り立てや連絡を停止するよう指示します。貸金業法などで停止しなければならないとされています。

この受任通知の発送をもって

債権者からの取り立てがストップします。

同時に債権者からの

債権の金額や取引内容を届け出てもらうよう依頼してもらって取引履歴の開示も請求してもらいます。

※取引履歴の開示は 今までの貸付業者が高い利息で貸し付けていたことが多かったため

いついくらの利息で借りていたかなど、いついくらの利息で返済していたか?

などを開示し 利息制限法以上の利息だった場合の引き直し作業を行い多すぎる利息を払っていた場合は過払い金が発生し、場合によっては自己破産せずに過払い金で返済できてしまう場合もあるということです。

ことな
ことな

私の場合は2年ほどの間だったので15%と利息制限法以内の金利だったため過払い金は発生しないので関係ないね。

 

任意整理の場合でも受任通知で支払いがいったんストップします。

任意整理は元金は残るけど、利息がなくなるという制度。

どのように返済していくかが決定するまでの間支払いがストップします。

任意整理について少し書いているので読んでみてください。

 

 

ことな
ことな

支払がいったんストップすると追われている期日、お金を用意しないといけない不安感から一時でも解放されます。。。

 

着手金の支払

受任通知を発送してもらうために弁護士さんと契約をします。

  • 着手金40万
  • 消費税3万2000円
  • 官報広告費用、印紙、郵券代等 2万8000円
  • 管財人への引き継ぎ着手金 20万
ことな
ことな

合計66万円!!

私の場合は主人の生命保険金を解約してもらってそれをあてました(・・;)

そのことに関することはこれ(☝՞ਊ ՞)☝

 

どうしても着手金を払えない場合は???

最近では弁護士さんによってですが、

着手金分割でOKですよ

といってくれる弁護士さんもあるみたいです。

まずは何でも相談してみましょう!!!!

 

 

申立書の作成

まず弁護士さんに必要書類を提出します。

必要書類
  1. 発効から3か月以内の住民票
  2. 発効から3か月以内の戸籍謄本
  3. 債権者一覧表(誰に:住所氏名:いついくら借りていくら月々返しているか
  4. 家計収支表(数か月の間家計簿をつけます)
  5. 財産目録 自分名義の車、家、土地などがあるかどうか
  6. 保険証書 解約返戻金があるかどうかの確認
  7. 課税、非課税証明書
  8. 給料明細 ⇒私の場合は主婦の為非課税証明書のみでOKでした
  9. 通帳のコピー
  10. ローン残高証明書 →持家の為必要でした
  11. 不動産物件目録
  12. 発効から3か月以内の登記簿謄本
  13. 児童手当支払い証明書

 

 

個人間の借り入れについて

自己破産する場合はすべての債権者と債権者に借りている金額を明らかにする必要があります。

提出する書類の債権者一覧表にすべて記載する必要があります

 

一部の債権者にだけ返済を続けるということは違反であり、たとえ自己破産できた後にわかった場合でも自己破産が取り消されます。
債権者を故意に申告しなかった場合でも免責不許可事由となり自己破産できなくなります。

 

ことな
ことな

私の場合は個人間 550万という大金が(・・;)

裁判所から「破産手続開始決定」が出ると、親族・知人を含めた全債権者に対して「破産手続開始決決定」の正本が郵送されます。

破産手続き開始決定書の一部はこんな感じ

  • この人が破綻しましたので破綻手続きを開始します。
  • 管財人はこの人です
  • 債権者集会があるので債権者は参加してくださいねー
  • 免責について意義があればこの日までに連絡してくださいねー
  • 管財人は破綻者の資産を動かすことができますー

 

 

的なことが書かれています。

 

ことな
ことな

申し立てのある債権者は何日までに申し出るように。とありますね。こういう連絡を債権者全てに送る必要がある。ということですね。

お金を借りた親戚のおばちゃまに

 

破産手続き開始決定など裁判所から封書が来るのは困るなぁ…(・・;)

 

といわれたので、弁護士さんと相談して

 

弁護士の作成した債権放棄の書面に署名・捺印をしていただきました
債権を放棄するということは
貸しているお金を返してもらう権利を放棄します。
ということです。
 
なんという都合のいい書類にサイン捺印さしとんねん!!
という話ですが…
 
相談して納得協力してもらいました。
どこまでも甘えてしまって
申し訳ない気持ちでいっぱいです
(;´༎ຶٹ༎ຶ`)
 
これで裁判所からの通知や管財人からの連絡が借り入れた親戚に行くことがなくなりました。
 

 

申立書の作成にかかった期間
申立書の完成迄にだいたい2ヶ月かかりました。

 

毎週 週に1回事務所に足を運び 『まずはバイナリーオプションとは?』から始まり

『どうしてこうなったのか?経緯など』を1時間の範囲で出来るところまで話をして、弁護士さんがそれを直接PCに打ち込んで書類を作成する感じですね。

 

じゃあ今日はこの辺で終わりにしましょう。次回は翌週の…

 

てな感じで大体1時間で打ち合わせが終了し それが約2か月かかりました。

 

 

ことな
ことな

私の場合バイナリーオプションの説明に時間がかかったのでパチンコなどだともう少し早くおわるかもしれないね。

 

 

 

家計収支表

1か月間の家計簿の作成提出が必要です。

私の場合は夫くんの給料で生活しているため 

  1. 夫の給料明細
  2. 夫名義の生活に使用している通帳
  3. 破綻者(自分)名義の通帳
  4. レシート
  5. 夫名義のクレジットカードを使用している場合は明細書
  6. 家計収支表(弁護士さんからフォーマットをもらいそれに記入しています)

を提出しています。

 

ことな
ことな

12月から細かくレシートを残してつけて4月まで毎月5か月分提出したよ

 

最初はありのままそのままを家計簿につけレシートもつけて提出していたんですが、

我が家の嗜好品(酒 タバコ)の金額が余裕で食費を上回ります💧

私も少し飲みますが

夫君は帰宅後缶ビール6本とワイン

どんだけのむねん( ´°ω°` )

あとタバコも…電子タバコですけど…

で…

さすがにこれは指摘を受けてせめて免責おりるまでご主人に協力をもらって控えて欲しいと…

 というのも家計簿を提出する理由が2つ

 

家計に余裕があり貯蓄を出来る環境にあるか??また苦しくなり借金をしないか??
 
ということと
 
またギャンブルなど浪費をしていないか??

ということの調査がされます。

 

貯蓄していくためにかなり幅を利かしていた嗜好品を減らせ

ということでした。

特に嗜好品禁止ということはないですd(‘∀’*)

 

また家計簿提出や家系主の通帳提出などがあるので家族の人がクレジットカードを使ったかどうかもバレますが

家族の人がクレジットカードを使うことは特に問題ありませんd(‘∀’*)
 
 

 

③裁判所へ破綻申立て

③の裁判所へ申し立てます

 

弁護士事務所へ相談に行き始めてから 約4か月で 裁判所への破綻申立て手続きを完了してもらいました。

 

破綻申立て手続きは弁護士さんから裁判所へ行ってもらう手続きです。

破綻者が何かするということはありません。

 

④裁判所からの破綻手続き開始決定

弁護士さんが破綻申立てを裁判所に行うと裁判所から開始決定を行ってもらうことで

はじめて自己破産の手続きが開始されます

 

 

破綻開始決定の効力とは

【破産法 第78条 第1項】
破産手続開始の決定があった場合には,破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利は,裁判所が選任した破産管財人に専属する。

【破産法 第100条 第1項】
破産債権は,この法律に特別の定めがある場合を除き,破産手続によらなければ,行使することができない。

 

債務者の財産の管理・処分と債権者の勝手な権利行使を禁止することということになります。

 

 

ことな
ことな

破綻者は勝手に財産を処分したりさわんなよ!! ということと、債権者は取り立ても不可であって早い者勝ちではなくて破綻者の財産は管財人が管理し配当する からそれまでだまっとれ!という連絡のようなものだね

 

 

⑤破産管財人の選任

裁判所が選任した破産管財人が決定します

破産管財人が選任される(管財事件となる)場合、

①破産管財人への報酬に充てるため裁判所に予納金として20万円を納めなければならない

約3ヶ月間、送られてくる郵便物が破産管財人のところに転送されます

※宅急便や家族名義は普通に家に届きます。

債権者集会にも出席しなければならない

等様々な負担が発生します。

 

管財人との面接

裁判所から選任された管財人が決定すると管財人が(私の場合)他に隠している財産がないか?本当に反省しているのか?

を調査するため一度面接を希望されます。

希望日は代理人弁護士から 候補の日程を教えてもらい相談して決定しました。

 

ことな
ことな

実際の面接の体験を書いていくよー。

 

管財人って実際どんな人?

 

管財人とは…裁判所から選任された自己破産の免責を許可していいかどうかの色んな調査や財産を現金化して債権者へ配当する仕事をする人です

 

代理人弁護士から管財人の紹介を受けてnetで予習はしていたものの県境の場所であまり行ったことのない場所へ小さな娘を連れて行くのには緊張と不安でいっぱいでした💦

 

管財人って怖い人?

調べて行ったとおり選任された管財人さんは女の方でした

管財人は敵でもなく味方でもありません

管財人という仕事を職業としているのではなく、普段は弁護士さんです

私が依頼させてもらっている弁護士さんも管財人として選任され逆に他の人の管財人をしているということです

 

管財人面接はどんなことをする?

代理人弁護士さんと以前から打ち合わせ報告した書類に目を通しながら淡々と 

 

  • どうしてバイナリーをしようと思ったのか?
  • なぜこんなことになったのか?
  • 通帳コピーをみてこの入金は何か?この出金はなにか?

等の質問をされ答えていく感じです

 

代理人弁護士さんは横にいてくれますが基本的に答えるのは私で

あっ…なにも言ってくれないのね💦

と思ったほど特にノーコメントでした(笑)

 

怒られるの?

私のようにギャンブルや投資 浪費に使って出来た借金の自己破産の場合管財人に怒られたり叱責されたりということもあるようですが

今回の管財人さんは 

 

かなりの金額を使われているので、簡単に免責しますねとはいえませんが、これからの生活態度などを少しみせていって貰います。

といいながら、横にいる娘にニコッと笑いかけたり、少し話しかけたりと優しい感じでした。

 

基本淡々とした…という感じでしたが(  ⚭_⚭)

郵便物について

管財人がついた時点から終結するまでの間 破綻者名義の郵便物は管財人の事務所に全て送られます。

そこで中身を全てチェックされるわけです。なにか資産隠しをしていないか?

その他にも隠し事をしていないか?などをチェックするためです。

定期的に郵便物を転送してくれるので転送費用として3000円支払いました

転送不要で取りに行く場合は料金不要ですが遠いし転送をお願いしました

急ぎの郵便物がある場合は連絡をすれば急ぎで転送してくれるそうです

※郵便物のみで宅配便は直接家に届くようですね。

また家族名義の荷物も届きます

 

管財人との面接の後すること

①引き続き家計収支表を付けて提出

⇒貯蓄をさせるという目的です。

お金に余裕がないということは同じことを繰り返す可能性があるということで、改心させるような今後よくしていくという姿勢を見せる必要があります

②反省文をかく☝

直筆でとのことでした

後で代理人弁護士さんに

 

ことな
ことな

反省文はどれくらいの量必要ですか?

そうだね…だいたいA4で3枚くらいかな? 経緯から、今後のこと今どう思ってるかなどを書いて来週うちの事務所に持ってきて打ち合わせしようか

ということになりました。

管財人さんは

 

反省文や家計収支表も持ってきていただければ一番ですけど小さいお子さんもいらっしゃるので…郵送でも結構です

と言ってくれたので郵送で( ˊᵕˋ ;)💦

 

面接にかかった時間は?

だいたい20分ほどでした。

 

反省文を管財人に提出。

反省文に関しては省略しますのでこちらを読んでみてください。

 

 

ことな
ことな

いよいよ次は裁判所での免責審尋です。

 

 

コメント